読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<「25歳からは女の子じゃない」資生堂、「セクハラ」批判CMを中止>のニュースに関して

このニュースに関して。

headlines.yahoo.co.jp


びっくりするほどくだらないが、非常に重要なので書いておく。

これ、「思考停止」言葉狩りとネット時代ならではの「匿名の自己主張」がミックスされた、実に頭の悪い人たちの主張だなと感じる。

まず、「25歳からは女の子じゃない」の方。

www.youtube.com


<25歳という年齢はもう子供じゃないんだから、「大人」としてのかわいらしさを目指そう>と言っているように僕には聞こえる。10代の子供に対する「かわいい」と20代半ばに対する「かわいい」って同じ意味なんでしょうか。昔だったら大人の女性に対する「かわいい」は、ケースのよっては「まだまだ子供なのね」というバカにしたようなニュアンスが含まれていると考えられた。例えば、僕はもう年齢的には十分オッサンだけど若いねと言われることがある。これは決して嬉しくはないです。おれはまだまだ下に見られてるって思うもん。同じ言葉でも立場によって捉え方が違うということを、このCMを批判してる人たちは見過ごしている。

これ映像の中ではなんで「25歳からは女の子じゃない」のかがちゃんと説明されてるよね。しかも、いつまでも子供でいたがっている主人公に対して、それを言うのが同世代の女友達っていう点で、上から目線でも下から目線でもなく、体験談として他人事じゃないんだよというニュアンスが加味されている。おまけに「かわいいをアップデート」するという、じゃあどうしたらいいかという提案までされている。まぁ、これが主題なわけだけど。

これ、どこが問題なんですかね?むしろ、僕には大人になってもいつまでも子供っぽくいることが「かわいい」んだと思うような風潮に対してのアンチテーゼとして、非常に秀逸な表現に思える。私はそう思わないとか、私とは立場が違うとか思うのであれば、このCMはあなたとは立場の違う人たちに向けてるわけだから、あなたがバッシングする必要はないし、お門違いの指摘ということになる。すべての人が同じ価値観じゃないからね。だから、自分に合ったものを選択していくしかないんですよ。違うものに対していちいち目くじらをたてるのは、「運動会でみんな同時にゴールしましょう」といっているのに等しい。ちゃんとその言葉が何を指しているのかという背景にまで目を向ければ、このくらいはすぐに分かりそうなものだが。CMだからすべての人に向けたものじゃなくてはいけないという人もいるかもしれないが、むしろCMはきちんとターゲットを絞って制作されているものだがら、誰かをバッシングしたりしているわけじゃない以上、嫌ならスルーすればいいだけの話です。

 


もう1つ、「顔に出ているうちは、プロじゃない」の方。

www.youtube.com


これ、どこがセクハラなんでしょうね?たまたま男性が女性に言っているからセクハラっていってるのかもしれないけど、性別にまったく関係ない発言ですよね。男が男に言ってもセクハラになるんですかね?こんなの<ウザいこと言う上司っているよね>くらいのネタじゃないですか。しかも、「プロじゃない」っていうセリフのとこ、一緒に言うでしょ。要するに、これはこの上司のお決まりのセリフで、この会社ではみんなが知ってる一種の決まり文句みたいなもんだってことです。たまにいるでしょ、決め台詞を持ってる人って。そしてそれをみんな(少しバカにしたようなニュアンスを込めて)マネしている。その時点で、ウザいけど許容できないレベルじゃないということが映像から読み取れる。それと共に、ウザいと思いながらも、ちゃんと自分を振り返ってまだまだだなと思ってる節も見られる。さらに深読みすると、この上司は「疲れてるかもしれないけどもうちょっとがんばれよ」というニュアンスで使ってる可能性もあるし、「ちょっと気を引き締めていけよ」というニュアンスで使ってるのかもしれない(それが社員には伝わってないのかもしれないが)。あと、「25歳からは女の子じゃない」の方がパート1でこっちがパート2だという連続ものということを考えると、この女の子は現在25歳で、その年齢が仕事においてどんな立場かを表しているかという設定にもつながる。どちらにしても、ぜんぜんダメだしはしてないし、むしろある程度この人を認めてるように感じるのだけど。

これ脅しですかね?セクハラですかね?

ただし、この「顔に出ているうちは、プロじゃない」というセリフはセンスないなぁとは思う。「プロじゃない」っていう言葉には「一人前じゃない」「まだまだ大人じゃない」っていうのを含ませたかったんだと思うんだけど、頑張りが顔に出るとプロじゃないかっていうと全くそんなことないわけで、ちょっと言いがかりっぽいんだよね。このセリフを頑張って考えました感が出ちゃってて、顔じゃなくて「仕事に悩んだ形跡が出ているうちはプロじゃない」と言い返してやりたいw いや、別に出たっていいんだけどね。いいもんができてれば。

なんにせよ、ちゃんとドラマ仕立てになっている時点で、そこに登場するキャラクターの背景というものがあるわけですよ。そこまで読み取って初めて真意がわかる。もちろんCMだから、その真意が読み取りやすいように、仕掛けもしてある。そういうのを全部無視して、キャッチのひとことにたいしてだけでディスっているんだから、「思考停止」以外の何物でもないでしょう。

で、そういう「思考停止」してるくせして「自己主張」ばかりはしたがる人ってすっごく増えてますよね。しかも、そういう人は「匿名」でしかものを言わない。また、そういうのもわかっててわざとディスる人もいる。CMを潰して喜んでいるようなね。もうCMが本来伝えたかった意図とかどうでもいいんです。

最近、長谷川豊が透析患者の件でテレビの全番組を下された事件があったでしょう。あれに関して長谷川本人がブログで書いてたけど、長谷川を引き摺り下ろそうとネットで暗躍する何人かの人たちの行動ってのが確認されてるわけです。長谷川の言動の是非はともかく、そうやって世の中を混乱させて楽しんでる連中もいるんですよ。

blog.livedoor.jp

テレビやスポンサーはこういうネットの反応をすごく気にするけど、必要以上に悪意のあるネガティヴな反応はスルーすべきでしょう。こんなに気にしてたらCMのクリエイティヴィティなんかなくなっちゃうよ。

んで、またかと言われそうだが、こういう社会的な悪い風潮をリードしてるのが実は安倍政権だったりするんです。自民党議員たちの幼稚な言動、日本社会はあれをマネしていますよ。ほんと、はしたない大人が増えてます。