読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神の御名のもとに、何でも正当化できてしまう危うさ「ジーザス・キャンプ〜アメリカを動かすキリスト教原理主義」


2006年の映画なので今さらですが。「ジーザス・キャンプ」を見た。副題に<アメリカを動かすキリスト教原理主義とあるように、キリスト教の宗派の中で極端なものの1つ、福音派による、子供たちを教育するサマーキャンプのドキュメンタリー。

福音派は政治的には保守派(右派)と相性が良く、共和党支持の受け皿となっている。学校教育を否定し、<天地創造説>を信じ、<神のために死ねるか>と問いかけ、(当時の)ブッシュ大統領を信望し、中絶反対と説教する。これを10歳に満たない子供たち相手にやるのだ。これはもう洗脳でしょう。そして、政教分離の原則に反している。キリスト教の場合、神に変わって語りかける聖職者がいるので、もし、<私の言葉は神の言葉>と言ったらどうなるか。<神の御名のもとに戦え>と言ったらどうなるか。そういったものを簡単に信じてしまう子供たちの集団が形成されてしまったとしたら。

映像の中では、リベラル派のラジオDJが、福音派の女性との対話の中で、<神の軍隊を作ってどうするんだ>と問いかけている。これと似たようなものをどこかで見たことがないだろうか。<神の御名のもとに>という言葉の前では何でも正当化できてしまうという危うさ。非常に排他的で、自分たちだけが正しいと思い込んでいるところも危険だ。内なる悪を外的要因に置き換えて、考え方がどんどん攻撃的になっていく。

宗教とは、本来は自分の内面を高めていって、結果、皆が幸せになるようにといったものだと思うのだが、原理主義者の場合は、神は完璧に正しく、従ってそれを信じている自分も正しい。間違っているのは周りだ、と解釈するので、どうやっても争いが絶えない。どんな宗教でも、自分を顧みなくなったら、ただのカルトになってしまうということですね。これは政治も似てるかもしれません。もし「神」を「お国」に変えたら・・・

 

ジーザス・キャンプ ?アメリカを動かすキリスト教原理主義? : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]